アクションシューティングゲーム『ネコ人間ユージン』



 

 

体験版ダウンロード



現在鋭意開発中!
内容はMegabitConvention02にて展示したバージョンとだいたい同じです。









ストーリー

2020年、オホーツク海沖。

海底に突如出現した、異なる時空へと通じる歪み“ポータル”。
その向こうに広がる未知の荒野を、人々は“魔界”と呼んだ。

(長くなるので略)

魔界の支配層である凶悪甲殻類“カニソルジャー”を始めとした危険な原生動物群が、
人類世界に縄張りを広げようとなだれ込んで来たのである!

<キシャァー

人類は事態を平和的に収めるべく使節団を送ったが、一人残らず彼らの晩飯となってしまった。
また恐るべき防御力を持ったその甲殻に、銃弾やミサイルを始めとした物理兵器は通用せず
人類は後退を余儀なくされ、じわじわと生活圏を狭められていった。


恐怖と絶望が世界を塗りつぶしていく中、たった一人と一匹、立ち上がる者がいた。
出自不明、半人半獣の少女“ユージン”である。
あとその保護者“J”。

彼女が振るうその爪には、どういうわけか魔界の力が漲っており
カニソルジャーの甲殻を容易に砕く事が可能なのだ。


毒を以て毒を制す……もはや残された道はなし。
人類の未来はこのネコミミ少女一匹に託された!
殺しのパーティが始まるぜ!

プロフィール


名前通称 ユージン・ハーフキャット(Eugene Halfcat)本名不明
種族人間と魔界生物のハーフ
性別
身長132cm(ネコミミ抜き)
体重38kg
生年月日・年齢不明
性格気分屋、考えるより先に手が出るタイプ
趣味パルクール、小動物狩り、焚き火を眺めること
好きな食べ物瓶のジンジャーエール、魔界カニのエビフライ
嫌いな食べ物キューリ
好きな音楽ジャンルBPMの速いやつ
座右の銘「死体は後ろから襲ってこねえ」
必殺技バーニング肉球、ライトニングクロー
特性炎属性無効
備考ネコミミの付け根を掻いてやると喜ぶ

保護者“J”



ユージンの保護者を名乗る、生後数ヶ月の子ネコにしか見えない生き物。
人語を操り、精密機器と情報科学に精通する天才。
曰く、「わたしは人間だ」「ユージンはわたしが作った」。真偽のほどは不明。
自ら築き上げた秘密基地“キャットタワー”の最深部で、大量のマシンに囲まれて暮らしている。

現場への適切な指示や、先進科学ガジェットの開発によって
後方からユージンを支援する。

ひみつ道具

バーニング肉球



両手両足についているメイン武装。
体内に循環している魔界エネルギーを肉球一つ一つに充填し、爆発させて攻撃する。
その強力な爆発は、カニソルジャーたちの硬い甲殻をいともたやすく吹き飛ばす。
無くなった肉球はエネルギーが残っている限りすぐにまた生えてくる。



肉球を発射してマシンガンのように遠くの敵を撃つこともできる。
その場合威力は激減するが、柔らかい敵を蹴散らしたり、牽制に使える。

ライトニングクロー



頑強なツメ。意思によって出し入れ可能。
高硬度かつ高い伝導性を持つ物質で出来ており、
体内の魔界エネルギーを漲らせることで破壊力を増大させている。
至近距離での使用に限られるが、その引っかきはカニソルジャーの硬い甲殻を焼き斬り、
即死級のダメージを与える。

モケスーツ



科学技術の粋を結集した、身体にぴったりフィットするボディスーツ。
表面は細かい起毛で覆われている。
このスーツを着用することによって彼女の体内の魔界エネルギーの循環経路を整え、
バーニング肉球の発火効率を高めている。
モケスーツが無くても肉球を使用することは可能だが、威力はガクッと落ちる。

赤いコートはただの防寒具。ちょっとした拍子ですぐ破れてしまうが、
肌触りが好きでいつも着ている。夏用と冬用がある。

Jガジェット



“J”が開発した数々の戦闘補助物資。
ボトル入りの経口回復薬から車サイズの戦闘用自律ロボットまで、そのラインナップは多岐にわたる。

ギャラリー

ゲーム動画


開発中のプレイ動画。マウス操作で狙い撃つ、
シューティングに重きを置いたゲームデザインが確認出来る。
ゲームコーナーにもどる